観る将から指す将へ〜藤井聡太とどうぶつ将棋〜

主に藤井七段さんのプロ棋戦の棋譜の解説と、自分のどうぶつ将棋を元に振り返り兼勉強をやっていきます!

王位戦第4局(木村九段vs豊島王位)

さあ木村九段が勝ってタイに戻すか!?
豊島王位が突き放すか!?

注目の1局は誰も予想できない展開になっていきます

1日目の終わりの局面
豊島王位の端角が活きるかどうか
f:id:fffukken:20190821211634p:plain
この角を活かせるかどうかはこの対局の勝敗に結びつくだろう

そしてこの角は後に木村九段の陣地へ侵入し馬になる。
しかし馬が出来たからといって優勢になるかといえば違うのだ…

豊島王位が馬を作る間に木村九段は端から攻める
単純な狙いだがそれ故に受けるのも難しい
f:id:fffukken:20190821211833p:plain
この前端をやぶれば木村九段が優勢になる
豊島王位は馬を作って暴れていきたい

落ち着いてみると木村九段は桂馬を獲得した
しかし豊島王位は歩をたくさん持っている
どちらが優位かは難しいところかもしれない
f:id:fffukken:20190821212104p:plain

藤井聡太七段はよく桂馬を取らせる代わりに相手を歩切れにします。歩切れというのが今までの認識以上にマイナスポイントなのかも知れません。コンピュータの発達とともに将棋の定説が覆っていきます。

そして千駄ヶ谷の受け師の異名を持つ木村九段
自陣角で徹底して受ける
f:id:fffukken:20190821212416p:plain
豊島王位は攻めを繋げるのが難しい
このままでは駒損してズルズルいってしまう

そして木村九段は上手く局面をシンプルにしている
そして急所を攻める
豊島王位はキツイ。粘ってチャンスを掴めるか…?
f:id:fffukken:20190821212544p:plain
また、上の局面では木村九段にはまだ受ける手も残っていた。
しかし木村九段は決めに行く。
見ているファンを惹き付ける一手であろう

厳しい攻めが入る
検討室の手も当たり始めたようだ
f:id:fffukken:20190821212813p:plain
しかしこの局面、実はまだ終局までの道のりの半分にすら到達していない
ここから豊島王位の最強の粘りが始まる

下の局面を見て頂きたい
将棋が分かる人は嫌な予感を感じるだろう
f:id:fffukken:20190821212959p:plain
初心者の方は雰囲気を感じて欲しい
右側には豊島王位の駒が多い
そんな中に王が逃げ込めば捕まえにくいも思うだろう。
そして豊島王位の王が木村九段の陣地の隅まで行くと、捕まえることはほぼほぼ無理になる

そしてついに豊島王位の王が逃げ込んだ
f:id:fffukken:20190821213410p:plain
さあ捕まらない

こうなると点数勝負となる
小駒を1点、大駒を5点として24点あれば引き分けとなる。(将棋のスタート時は27点)
※細かい規定は王位戦の規定を確認ください

点数が足りない豊島王位
上手く駒を流しながら木村九段の駒を取り、24点を獲得することが出来るか!?

しかし相手は木村九段
以前は300手を超える手数の対局を制したこともある
木村九段としてはかかってこいという展開だ

そして木村九段、逃げ切る

木村九段の玉は捕まらないし点数をこれ以上渡すこともないだろう
f:id:fffukken:20190821213644p:plain

大熱戦でした!!!
次局に期待です!!!

(やねうら王での評価値解析は後日掲載します。)

新しく四段になる渡邊和史さんってどんな人?奨励会って?

新しい四段の誕生です!!

その名も「渡邊 和史」さんです。

 

現在は奨励会の三段

2019年8月15日の三段リーグの対局の結果から、最終局を前に昇段を決めました。10月1日付けで四段昇段となります。

では渡邊和史さんについて詳しく見てみましょう。

 

1、プロフィール

2、経歴

3、奨励会って?

4、昇段にあたって周りの反応

5、プロ入りを決めた対局を見てみよう!

 

1、プロフィール日本将棋連盟公式HPより)

生年月日
1994年10月6日生まれ (24歳)
出身
東京都新宿区
師匠
豊川孝弘七段
奨励会入会
2008年2月
三段リーグ入り
2013年10月(第54回奨励会三段リーグから)
得意戦法
角換わり
将棋を始めたきっかけ
5歳頃に父から教わりました。

【本人のコメント】
「最終日の前に昇段を決められたのは望外の結果でした。これからもしっかり 精進して上位で活躍できる棋士になりたいです。

 

2、経歴

 

24歳で奨励会を卒業。

藤井聡太さんが2016年に14歳でプロになったのに比べるとかなり遅いように見えます。しかし、プロになるのはとっっっっっっっても大変なこと。

奨励会には年齢制限があって、26歳になっても四段に上がれなかったら強制的に退会させられます。そして年齢制限を迎えて無念の退会となってプロになれない人も多いです。。。悲しいですが、それが現実です。

24歳でプロ入りは全然遅くはない年齢でしょう。

 

2008年に奨励会に入会してからはや11年

つまり13歳から将来の夢に向かって苦しい戦いを勝ち抜いてきたのです。

 

三段リーグに入ったのは2013年。12期(=6年)もの間、3段リーグという最も苦しい時を戦い抜いてきました。

 

実は三段リーグの1期目が1勝17敗という結果

昇段仕立ての渡邊和史さんには苦い結果だったと思います。

しかし三段リーグで苦しんだ人ほどプロに入ってから結果を残せる、とも言われています。活躍に期待ですね!

 

 

3、奨励会とはWikipediaより)

 

奨励会で三段まで上がり、さらに所定の成績を収めると、四段に昇段( = プロ入り)をする(「フリークラス編入試験」という例外を除く)。

奨励会は、関東奨励会と関西奨励会の2つに分かれており、二段まではそれぞれの奨励会の中で対局する。研修会は、関東研修会、関西研修会、東海研修会、九州研修会の4つに分かれている。

対局は、関東奨励会・関東研修会が将棋会館(東京都渋谷区千駄ヶ谷)、関西奨励会・関西研修会が関西将棋会館大阪市福島区)で行われる。東海研修会の対局は、名古屋市中区の板谷将棋記念室で、九州研修会の対局は福岡市中央区の電気ビル・共創館で行われる。

 

そして四段昇段の条件は

四段昇段( = プロ入り)三段リーグ通過で昇段。

 

4、昇段にあたっての周りの人の反応

 

まずは本人のツイートを 

 

 かなり謙虚なコメントです。

これからも応援し続けます。

 

f:id:fffukken:20190815223752p:plain

たくさんの方がお祝いしてますね

 

そして師匠の豊川七段からのツイート

 

 

 なにより一番喜んだのは師匠の豊川七段でしょう。

たった短い2つのツイートですが、喜びようが伝わってきます。

 

一番弟子!一番星!って(笑)

おやじギャグが得意な豊川七段らしいですね(笑)

リプライもたくさんもらってます

f:id:fffukken:20190815223713p:plain

 

 

女流棋士中村まりかさんからも祝福の言葉が

 

たくさんの方から応援されていましたね。

渡邊和史新四段の人徳あってのことでしょう

 

5、プロ入りを決めた対局を見てみよう!

 

***棋譜を探しています。更新までお待ちください***

 

 

 

 

 

藤井聡太四段 炎の七番勝負 藤井聡太 四段 対 増田康宏 四段(2017/03/13)

今回はAbemaTV特別企画を紹介しよう。

藤井四段が実力派プロと7番勝負を行う。

 

第一局は増田四段が相手だ。

f:id:fffukken:20190815110137p:plain

f:id:fffukken:20190815110147p:plain

なんと序盤から中盤の入り口まででいきなり優位を築く。

確かに増田四段の攻め駒を攻めて飛車もりこめるのは良いかも

f:id:fffukken:20190815110337p:plain

ソフトは入玉を確信したのだろうか。

終盤は評価値が振り切れている

f:id:fffukken:20190815110653p:plain

 

そして攻め切って勝ち!

 

kif形式↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

開始日時:2017/03/13 19:00:00
棋戦:藤井聡太四段 炎の七番勝負
場所:AbemaTV
持ち時間:1時間
手合割:平手
先手:藤井聡太 四段
後手:増田康宏 四段
戦型:角交換腰掛銀
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) (00:00/00:00:00)
2 8四歩(83) (00:00/00:00:00)
3 2六歩(27) (00:00/00:00:00)
4 8五歩(84) (00:00/00:00:00)
5 7七角(88) (00:00/00:00:00)
6 3四歩(33) (00:00/00:00:00)
7 8八銀(79) (00:00/00:00:00)
8 3二金(41) (00:00/00:00:00)
9 7八金(69) (00:00/00:00:00)
10 7七角成(22) (00:00/00:00:00)
11 同 銀(88) (00:00/00:00:00)
12 4二銀(31) (00:00/00:00:00)
13 3八銀(39) (00:00/00:00:00)
14 6二銀(71) (00:00/00:00:00)
15 4六歩(47) (00:00/00:00:00)
16 6四歩(63) (00:00/00:00:00)
17 6八玉(59) (00:00/00:00:00)
18 7四歩(73) (00:00/00:00:00)
19 3六歩(37) (00:00/00:00:00)
20 3三銀(42) (00:00/00:00:00)
21 4七銀(38) (00:00/00:00:00)
22 9四歩(93) (00:00/00:00:00)
23 9六歩(97) (00:00/00:00:00)
24 7三桂(81) (00:00/00:00:00)
25 1六歩(17) (00:00/00:00:00)
26 1四歩(13) (00:00/00:00:00)
27 3七桂(29) (00:00/00:00:00)
28 4二玉(51) (00:00/00:00:00)
29 4八金(49) (00:00/00:00:00)
30 6三銀(62) (00:00/00:00:00)
31 2九飛(28) (00:00/00:00:00)
32 6二金(61) (00:00/00:00:00)
33 4五歩(46) (00:00/00:00:00)
34 8一飛(82) (00:00/00:00:00)
35 2五歩(26) (00:00/00:00:00)
36 3一玉(42) (00:00/00:00:00)
37 4六角打 (00:00/00:00:00)
38 5二金(62) (00:00/00:00:00)
39 5六銀(47) (00:00/00:00:00)
40 4二金(52) (00:00/00:00:00)
41 7九玉(68) (00:00/00:00:00)
42 2二玉(31) (00:00/00:00:00)
43 1八香(19) (00:00/00:00:00)
44 9二香(91) (00:00/00:00:00)
45 6六歩(67) (00:00/00:00:00)
46 8三飛(81) (00:00/00:00:00)
47 1九飛(29) (00:00/00:00:00)
48 3一玉(22) (00:00/00:00:00)
49 8八玉(79) (00:00/00:00:00)
50 7五歩(74) (00:00/00:00:00)
51 同 歩(76) (00:00/00:00:00)
52 6五歩(64) (00:00/00:00:00)
53 1五歩(16) (00:00/00:00:00)
54 同 歩(14) (00:00/00:00:00)
55 同 香(18) (00:00/00:00:00)
56 同 香(11) (00:00/00:00:00)
57 同 飛(19) (00:00/00:00:00)
58 8六歩(85) (00:00/00:00:00)
59 同 歩(87) (00:00/00:00:00)
60 8四香打 (00:00/00:00:00)
61 7四香打 (00:00/00:00:00)
62 同 銀(63) (00:00/00:00:00)
63 同 歩(75) (00:00/00:00:00)
64 7五香打 (00:00/00:00:00)
65 7三歩成(74) (00:00/00:00:00)
66 8六香(84) (00:00/00:00:00)
67 9七玉(88) (00:00/00:00:00)
68 8四飛(83) (00:00/00:00:00)
69 8五歩打 (00:00/00:00:00)
70 7七香成(75) (00:00/00:00:00)
71 8六玉(97) (00:00/00:00:00)
72 7八成香(77) (00:00/00:00:00)
73 8四歩(85) (00:00/00:00:00)
74 8九成香(78) (00:00/00:00:00)
75 7五玉(86) (00:00/00:00:00)
76 9九成香(89) (00:00/00:00:00)
77 1二歩打 (00:00/00:00:00)
78 1四歩打 (00:00/00:00:00)
79 1九飛(15) (00:00/00:00:00)
80 2二玉(31) (00:00/00:00:00)
81 1一歩成(12) (00:00/00:00:00)
82 同 玉(22) (00:00/00:00:00)
83 1三歩打 (00:00/00:00:00)
84 2二金(32) (00:00/00:00:00)
85 1二香打 (00:00/00:00:00)
86 同 金(22) (00:00/00:00:00)
87 同 歩成(13) (00:00/00:00:00)
88 同 玉(11) (00:00/00:00:00)
89 1三銀打 (00:00/00:00:00)
90 同 桂(21) (00:00/00:00:00)
91 同 角成(46) (00:00/00:00:00)
92 同 玉(12) (00:00/00:00:00)
93 1一飛打 (00:00/00:00:00)
94 1二桂打 (00:00/00:00:00)
95 1四飛(19) (00:00/00:00:00)
96 投了 (00:00/00:00:00)

新人王戦 大橋貴洸 四段 対 藤井聡太 四段(2017/03/10)

藤井聡太さんと同期でプロ入りした大橋四段。

そして藤井ブームに隠れていましたが、大橋四段もかなりの実力者

勝率は8割近くあります。

 

そんな両者が新人王戦で激突!!

名局が期待されます。

 

さて、100手目の局面

プロの対局では100手未満で終わることも多いのですが、さすが両者の対局

押しも押させぬ攻防で100手目でも難しい中盤戦です。

f:id:fffukken:20190815104038p:plain

藤井四段がかなり大橋四段の玉を追い詰めているのですが、評価値を見てみると・・・

 

実は先手(=大橋四段)優勢!

藤井四段の攻めは簡単には決まらない、ということでしょうか

f:id:fffukken:20190815104218p:plain

と思いきや

あれれ?れれれ???

 

評価値がぐんぐん藤井四段の方へ傾いていきます。

f:id:fffukken:20190815104420p:plain

f:id:fffukken:20190815104441p:plain

確かに藤井四段の攻めは厳しいです。

大橋四段の攻めが上回れるかどうか

 

f:id:fffukken:20190815105536p:plain

f:id:fffukken:20190815105549p:plain

最後は一瞬のスキをついて詰ませた藤井四段

華麗な勝利です

 

kif形式↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

開始日時:2017/03/10 10:00:00
棋戦:新人王戦
場所:関西将棋会館
持ち時間:3時間
手合割:平手
先手:大橋貴洸 四段
後手:藤井聡太 四段
戦型:角交換腰掛銀
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) (00:00/00:00:00)
2 8四歩(83) (00:00/00:00:00)
3 2六歩(27) (00:00/00:00:00)
4 8五歩(84) (00:00/00:00:00)
5 7七角(88) (00:00/00:00:00)
6 3四歩(33) (00:00/00:00:00)
7 8八銀(79) (00:00/00:00:00)
8 3二金(41) (00:00/00:00:00)
9 7八金(69) (00:00/00:00:00)
10 7七角成(22) (00:00/00:00:00)
11 同 銀(88) (00:00/00:00:00)
12 2二銀(31) (00:00/00:00:00)
13 4八銀(39) (00:00/00:00:00)
14 6二銀(71) (00:00/00:00:00)
15 4六歩(47) (00:00/00:00:00)
16 6四歩(63) (00:00/00:00:00)
17 4七銀(48) (00:00/00:00:00)
18 6三銀(62) (00:00/00:00:00)
19 6八玉(59) (00:00/00:00:00)
20 4二玉(51) (00:00/00:00:00)
21 9六歩(97) (00:00/00:00:00)
22 9四歩(93) (00:00/00:00:00)
23 5八金(49) (00:00/00:00:00)
24 3三銀(22) (00:00/00:00:00)
25 3六歩(37) (00:00/00:00:00)
26 7四歩(73) (00:00/00:00:00)
27 5六銀(47) (00:00/00:00:00)
28 7三桂(81) (00:00/00:00:00)
29 7九玉(68) (00:00/00:00:00)
30 6二金(61) (00:00/00:00:00)
31 2五歩(26) (00:00/00:00:00)
32 8一飛(82) (00:00/00:00:00)
33 6六歩(67) (00:00/00:00:00)
34 1四歩(13) (00:00/00:00:00)
35 1六歩(17) (00:00/00:00:00)
36 5四銀(63) (00:00/00:00:00)
37 3七桂(29) (00:00/00:00:00)
38 6五歩(64) (00:00/00:00:00)
39 同 歩(66) (00:00/00:00:00)
40 同 桂(73) (00:00/00:00:00)
41 6六銀(77) (00:00/00:00:00)
42 6四歩打 (00:00/00:00:00)
43 8八玉(79) (00:00/00:00:00)
44 8六歩(85) (00:00/00:00:00)
45 同 歩(87) (00:00/00:00:00)
46 同 飛(81) (00:00/00:00:00)
47 8七歩打 (00:00/00:00:00)
48 8一飛(86) (00:00/00:00:00)
49 6七銀(56) (00:00/00:00:00)
50 4四歩(43) (00:00/00:00:00)
51 5六歩(57) (00:00/00:00:00)
52 3一玉(42) (00:00/00:00:00)
53 4五歩(46) (00:00/00:00:00)
54 7五歩(74) (00:00/00:00:00)
55 5五歩(56) (00:00/00:00:00)
56 4三銀(54) (00:00/00:00:00)
57 6三歩打 (00:00/00:00:00)
58 7二金(62) (00:00/00:00:00)
59 4四歩(45) (00:00/00:00:00)
60 同 銀(33) (00:00/00:00:00)
61 2六角打 (00:00/00:00:00)
62 4五歩打 (00:00/00:00:00)
63 同 桂(37) (00:00/00:00:00)
64 同 銀(44) (00:00/00:00:00)
65 5三角成(26) (00:00/00:00:00)
66 4二角打 (00:00/00:00:00)
67 2六馬(53) (00:00/00:00:00)
68 4四歩打 (00:00/00:00:00)
69 4八飛(28) (00:00/00:00:00)
70 3五歩(34) (00:00/00:00:00)
71 4六歩打 (00:00/00:00:00)
72 3六銀(45) (00:00/00:00:00)
73 3五馬(26) (00:00/00:00:00)
74 3七銀成(36) (00:00/00:00:00)
75 4九飛(48) (00:00/00:00:00)
76 3四歩打 (00:00/00:00:00)
77 2六馬(35) (00:00/00:00:00)
78 3八成銀(37) (00:00/00:00:00)
79 7九飛(49) (00:00/00:00:00)
80 9五歩(94) (00:00/00:00:00)
81 同 歩(96) (00:00/00:00:00)
82 2八成銀(38) (00:00/00:00:00)
83 7五銀(66) (00:00/00:00:00)
84 2二玉(31) (00:00/00:00:00)
85 3六馬(26) (00:00/00:00:00)
86 8二飛(81) (00:00/00:00:00)
87 6六銀(67) (00:00/00:00:00)
88 5一角(42) (00:00/00:00:00)
89 6七金(58) (00:00/00:00:00)
90 9五香(91) (00:00/00:00:00)
91 9六歩打 (00:00/00:00:00)
92 同 香(95) (00:00/00:00:00)
93 同 香(99) (00:00/00:00:00)
94 9五歩打 (00:00/00:00:00)
95 6二歩成(63) (00:00/00:00:00)
96 同 角(51) (00:00/00:00:00)
97 8六香打 (00:00/00:00:00)
98 8三桂打 (00:00/00:00:00)
99 6四銀(75) (00:00/00:00:00)
100 9六歩(95) (00:00/00:00:00)
101 6五銀(66) (00:00/00:00:00)
102 9七歩成(96) (00:00/00:00:00)
103 同 桂(89) (00:00/00:00:00)
104 9六歩打 (00:00/00:00:00)
105 8五桂(97) (00:00/00:00:00)
106 8四角(62) (00:00/00:00:00)
107 2四歩(25) (00:00/00:00:00)
108 同 歩(23) (00:00/00:00:00)
109 6六歩打 (00:00/00:00:00)
110 6一香打 (00:00/00:00:00)
111 2三歩打 (00:00/00:00:00)
112 同 玉(22) (00:00/00:00:00)
113 2五歩打 (00:00/00:00:00)
114 同 歩(24) (00:00/00:00:00)
115 9三桂成(85) (00:00/00:00:00)
116 同 角(84) (00:00/00:00:00)
117 9四歩打 (00:00/00:00:00)
118 8四角(93) (00:00/00:00:00)
119 5四銀(65) (00:00/00:00:00)
120 8五歩打 (00:00/00:00:00)
121 5三銀成(64) (00:00/00:00:00)
122 5四銀(43) (00:00/00:00:00)
123 同 馬(36) (00:00/00:00:00)
124 8六歩(85) (00:00/00:00:00)
125 同 歩(87) (00:00/00:00:00)
126 6六香(61) (00:00/00:00:00)
127 2四歩打 (00:00/00:00:00)
128 同 玉(23) (00:00/00:00:00)
129 3六桂打 (00:00/00:00:00)
130 3五玉(24) (00:00/00:00:00)
131 3七銀打 (00:00/00:00:00)
132 4一香打 (00:00/00:00:00)
133 2八銀(37) (00:00/00:00:00)
134 8七歩打 (00:00/00:00:00)
135 同 玉(88) (00:00/00:00:00)
136 6七香成(66) (00:00/00:00:00)
137 同 金(78) (00:00/00:00:00)
138 4八角成(84) (00:00/00:00:00)
139 3二馬(54) (00:00/00:00:00)
140 9五桂(83) (00:00/00:00:00)
141 7八玉(87) (00:00/00:00:00)
142 7七歩打 (00:00/00:00:00)
143 同 金(67) (00:00/00:00:00)
144 8七金打 (00:00/00:00:00)
145 投了 (00:00/00:00:00)

王将戦 有森浩三 七段 対 藤井聡太 四段(2017/03/01

古豪・有森七段戦

 

有森七段の向かい飛車となった。

プロでは居飛車のほうが多いが、もちろん振り飛車との対抗形もある。さあ、どう応じるか藤井聡太

 

f:id:fffukken:20190815100830p:plain

中盤の差し掛かり

有森七段は固くて遠い穴熊を選択。

うまくさばかれそうだが、ソフトの評価では後手(藤井聡太)良し

f:id:fffukken:20190815100853p:plain

評価値も全般的に藤井聡太良しを示している。

 

と思っていたらいきなりの投了。

藤井聡太の華麗な攻めに有森七段は受け切ることが困難と判断したようだ。

f:id:fffukken:20190815101438p:plain

kif形式↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

開始日時:2017/03/01 9:00:00
棋戦:王将戦
手合割:平手
先手:有森浩三 七段
後手:藤井聡太 四段
戦型:向飛車
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) (00:00/00:00:00)
2 8四歩(83) (00:00/00:00:00)
3 7七角(88) (00:00/00:00:00)
4 3四歩(33) (00:00/00:00:00)
5 8八飛(28) (00:00/00:00:00)
6 1四歩(13) (00:00/00:00:00)
7 6八銀(79) (00:00/00:00:00)
8 1五歩(14) (00:00/00:00:00)
9 4八玉(59) (00:00/00:00:00)
10 4二玉(51) (00:00/00:00:00)
11 3八玉(48) (00:00/00:00:00)
12 6二銀(71) (00:00/00:00:00)
13 2八玉(38) (00:00/00:00:00)
14 5二金(61) (00:00/00:00:00)
15 5六歩(57) (00:00/00:00:00)
16 3二玉(42) (00:00/00:00:00)
17 1八香(19) (00:00/00:00:00)
18 2四歩(23) (00:00/00:00:00)
19 1九玉(28) (00:00/00:00:00)
20 2三玉(32) (00:00/00:00:00)
21 2八銀(39) (00:00/00:00:00)
22 3二銀(31) (00:00/00:00:00)
23 5七銀(68) (00:00/00:00:00)
24 7七角成(22) (00:00/00:00:00)
25 同 桂(89) (00:00/00:00:00)
26 5一銀(62) (00:00/00:00:00)
27 8六歩(87) (00:00/00:00:00)
28 4二銀(51) (00:00/00:00:00)
29 3九金(49) (00:00/00:00:00)
30 3三銀(42) (00:00/00:00:00)
31 5八金(69) (00:00/00:00:00)
32 4四歩(43) (00:00/00:00:00)
33 4六歩(47) (00:00/00:00:00)
34 2五歩(24) (00:00/00:00:00)
35 6六歩(67) (00:00/00:00:00)
36 7四歩(73) (00:00/00:00:00)
37 6五歩(66) (00:00/00:00:00)
38 5四歩(53) (00:00/00:00:00)
39 6八飛(88) (00:00/00:00:00)
40 3一角打 (00:00/00:00:00)
41 8八飛(68) (00:00/00:00:00)
42 7五歩(74) (00:00/00:00:00)
43 同 歩(76) (00:00/00:00:00)
44 同 角(31) (00:00/00:00:00)
45 7六歩打 (00:00/00:00:00)
46 3一角(75) (00:00/00:00:00)
47 6七金(58) (00:00/00:00:00)
48 4三金(52) (00:00/00:00:00)
49 3六歩(37) (00:00/00:00:00)
50 2四銀(33) (00:00/00:00:00)
51 4八銀(57) (00:00/00:00:00)
52 3三桂(21) (00:00/00:00:00)
53 3七銀(48) (00:00/00:00:00)
54 5三角(31) (00:00/00:00:00)
55 6六角打 (00:00/00:00:00)
56 6四歩(63) (00:00/00:00:00)
57 7五角(66) (00:00/00:00:00)
58 6二飛(82) (00:00/00:00:00)
59 5五歩(56) (00:00/00:00:00)
60 同 歩(54) (00:00/00:00:00)
61 6六金(67) (00:00/00:00:00)
62 6五歩(64) (00:00/00:00:00)
63 5三角成(75) (00:00/00:00:00)
64 同 金(43) (00:00/00:00:00)
65 7一角打 (00:00/00:00:00)
66 5二飛(62) (00:00/00:00:00)
67 6五金(66) (00:00/00:00:00)
68 5六歩(55) (00:00/00:00:00)
69 5八飛(88) (00:00/00:00:00)
70 4七角打 (00:00/00:00:00)
71 5九飛(58) (00:00/00:00:00)
72 6七歩打 (00:00/00:00:00)
73 投了 (00:00/00:00:00)

加古川青流戦 都成竜馬 四段 対 藤井聡太 四段(2017/07/11)

本局は解説者泣かせの一局であった。

 

序中盤は都成四段が優勢に進めていたものの、終盤に誰の読みにも無い手を繰り出す。

まさに気が付けば勝っていた、といった一局だ。

 

解説の棋士

藤森さんと勝又さんが「マジか!」「藤井くん人生2周目だから…」「よい子は真似しちゃダメな手」「都成さんは何が悪かったの?」「相手です」「チャック開けたら大山先生出てくる」「人外な子」と終始驚きと喜びに満ちた楽しい解説でした

 

いやいやいやいや

何が悪かったの?>相手です

って解説じゃないやん(笑)

 

さあ、評価値を見てみよう

評価値がピーンとはねあがっている。これは94手目の局面。

中盤も難しいところで、藤井四段が攻め込まれているところだ。

評価ソフトによると、都成四段の攻めを少し余していて、藤井四段が良かったようだ。

f:id:fffukken:20190814192210p:plain

しかし、この飛車移動が悪かったか。

ソフトの評価が大きく上がった。

これは先手を+、後手(=藤井四段)をーで表示しているので、グラフが上に行くと藤井四段が不利になっていることを意味する。

f:id:fffukken:20190814192128p:plain

さて、一気に評価値が揺れるところを見てみよう。

f:id:fffukken:20190814192601p:plain

 

+500点あたりから、一気にー2000点に

まさに何があった、という感じだろう

藤井四段がタダのところに桂馬を捨てた局面が106手目

ぱっと見はただなので取ってしましたい。

しかしこれが毒饅頭

これを取った都成四段はマイナスに突き落とされる。

 

f:id:fffukken:20190814192715p:plain

この組み立ては見事としか言いようがない。

ふつうは取る、この桂馬は。

取った後が難しい。なんでこんな勝負手が指せるのだろう。

 

がくーんと評価値を落とした後は華麗に決めて藤井四段が勝利

確かに解説者泣かせの一局となった。

f:id:fffukken:20190814192926p:plain

 

Twitterでは様々な声が挙げられている。

https://togetter.com/li/1129027

 

ファンもプロも驚愕する勝利であった。

 

 

 

 

 

NHK杯 藤井聡太四段 対 浦野真彦八段(2017/02/23)

本局はかなり評価値が揺れ動く展開であった。

 

最後は藤井聡太が決めきるものの、途中は危うい局面もあった

f:id:fffukken:20190814181847p:plain

 

例えば下の局面だ

f:id:fffukken:20190814182104p:plain

終盤も終盤のこの局面、実は評価値がマイナスになっている。

急所の金を攻めているので藤井聡太が優勢のように見えるが、ソフトには難しい手順が見えているようだ。

 

藤井聡太がその筋を読んでいたかはわからない。

検討にはやねうら王(YaneuraOu 2017 Early KPPT 4.79 64AVX2)およびelmo(WCSC27)を使用しているが、そのソフトが最善を示しているかもわからない。